品川・五反田の税理士。起業支援、創業補助金、助成金、融資、弥生会計、経営革新等支援機関なら福島秀一税理士事務所へ。

ご挨拶

会計事務所は、顧問先獲得と現在の顧問先を維持するために専門書の読み込みや研修会・セミナー等で知識の習得を日夜行い、サービスメニューの充実を行っております。
しかしながら、顧問先とのコミュニケーションが上手く取れないことから、折角の知識をお客様に提供できないことが多く、それが会計事務所が抱える問題の一つとなっています。
コミュニケーションが上手く取れない原因として、税理士の高齢化や顧問先の事業に関心がない、ビジネスモデルが理解出来ない、所長税理士の代理で訪問している会計事務員との所内での連携が上手くいっていないことが考えられます。
かつて税理士や会計事務所は、何もしなくてもお客様が獲得できる状態でした。
黙っていてもお客様の方からやってきてくれるので、お客様の気持ちを考えずに自分中心で仕事を行っていました。(悪いことに、それでも事務所は成り立っていました・・・。)
しかし、本来の会計事務所は、お客様のお役に立てるようにサービスを提供するサービス業の一つでしかありません。そのことを未だに理解できていない会計事務所が多く、お客様のニーズを顧問契約の解除がより多くなってきています。
ふくしま会計では、お客様とのコミュニケーションを第一に考え、それを基に適正な情報の提供を行っております。ただ、経営に関する解決策の多くは、社長自身の中にあることが多いので、会計事務所から答えが一方的に提示されるのではなく、会話の中から答えが見つかるようなスタンスでお付き合いさせていただきたいと考えております。

ふくしま会計は、お客様と一緒に考え・走る伴走者を目指しております!

代表者プロフィール

高校の担任の先生から「公認会計士か税理士の資格を取ると安泰だ!」とのアドバイスを受け、資格取得を意識する。
法政大学経済学部2年生で日商簿記検定1級に合格。税理士試験の受験勉強を開始。
卒業後、2年間専門学校(大原簿記学校)で受験勉強に専念。
その後、講師業務の誘いを受け、大原簿記学校の本校である水道橋校にて専任講師を4年間勤める。(担当税目は、法人税法)
また、講義の他、各種業務の責任者として統括業務を行い、教材のレベル調整、税制改正資料の作成指示、機関誌の制作等を行う。

大原簿記学校を退職後、税理士事務所を3カ所経験。
中小零細企業の担当の他、企業買収時の税務リスク対応及び株価算定に従事。
零細企業及び個人事業者の他、相続対策としての株価評価業務を担当。
上場企業の税務リスク対応、上場準備企業の税務・会計対応、東京都中小企業再生支援協議会からの委託に基づく企業価値評価業務を担当。
2011年7月に独立。品川区東五反田にて福島秀一税理士事務所を開設。
  • 東京税理士会品川支部税理士向け研修担当委員
  • 経済産業省後援事業起業家支援業務(ドリームゲート)認定アドバイザー
  • 決算診断実践会会員

福島秀一(ふくしまひでかず)
1976年8月生まれ
埼玉県さいたま市出身

従来の会計事務所の基幹業務である会計帳簿の確認・税務申告だけではなく、事業計画や事業承継についてもクライアントと一緒に解決していく姿勢でおります。

また、同業の税理士をはじめ、弁護士・司法書士・社会保険労務士・行政書士等の専門家と協力関係がありますので、各種の問題を解決する窓口役もお任せ下さい!

撮影:岡崎写真館(五反田)≫
入りづらい店構えなのに繁盛しています!

アクセス

東京都品川区東五反田1-10-7 アイオス五反田602
TEL:03-6277-4692
受付:10時~18時(日・祝除く)